REPORT vol,29 2016. 02. 11. thu. 真冬の灼熱ファイナル前日!

いよいよ明日は「真冬の灼熱」ツアーファイナル!
神戸・福岡・仙台・名古屋・大阪と回ってきて、イベント、バンド、そしてお客さんの熱量がグイグイ上がっているのを感じています!
明日はより一層すごい日になるのではないでしょうか?

そもそもTHE PINBALLSとの付き合いは、2012年5月11日新宿MARZにて行われたシングル「Traffic」リリースツアーファイナルに出演してもらったのがキッカケだったと思います。

その後は意外にも対バンが少なく、ライブハウス主催のイベントなどで年に1〜2回会う程度の時期が続いていたところに、
2015年5月2日にTHE PINBALLSのリリースツアーに呼んでもらって、ガッツリツーマンを行いました。

その時のツーマンを見ていてとても印象的だったのが、お客さん。
ほぼ全員が両方のバンドを楽しんでいるという状況。
そして「このツーマンを待ってたんです!」という多くの声。

ああ、求められてるんだなぁ。と感じ、このツアーを決意しました。

ロックという括りの中では、同じジャンルに分けられる2バンドですが、
バンドのカラーというか、簡単に言ってしまうと、キャラが全く違うので、
一体ツアーをしたらどういう感じになるのか!化学反応は起こるのか!!とワクワクしながら企画したのを覚えています。

で、ツアーファイナル!!

この2バンドの関係性は言葉では表せきれない!!
(そもそも、THE PINBALLSの4人を言葉で表すのが難しい(笑)面白い、ぶっ飛んでる。)

言葉では伝えきれないので、会場で感じて欲しい!
一瞬一瞬で印象が変わるような関係はとても魅力的だし、目を離せない吸引力がありました。

そんなツアーが明日で終わってしまうことがすごく名残惜しいです。

きっと今後もTHE PINBALLSとのツーマンはあるでしょう。
でも、5公演を一緒に回ってきた後のツーマンはここでしか見れません。

ツーマンというガチンコの舞台。しかもツアーファイナル。
これは、灼熱なこと間違いなし!!!!

終わってしまうのが、寂しい!!
もっとこのツアーを見ていたい!!
是非来て欲しい!!!

***

ここで、話が脱線してしまうのですが、もう1つ寂しいことが。

とても個人的な話になってしまうのですが、4年2か月マネージャーを務めてまいりました、
私、齋藤(と申します)が、明日2月12日の公演を持ちまして、マネージャーの職を辞します。

ちょっと思い出話ですが、2011年11月に下北沢CLUB 251での出会いは衝撃的でした。
その時新人発掘を始めたばかりだった私は、100も200もバンドを見ている内に、
何がいいのか、どのバンドが魅力的なのか、全くわからなくなっていました。

が、Large House Satisfactionのライブを見た時に
一切の迷いもなく「これだ!!」と確信しました。

そこにいるだけで、かっこいい。圧倒的な佇まい。
私が発掘で見てきたバンドにそういう人たちはいなかったし、
鋭利な刃物のような空気は個性的で、他のバンドと比べる必要がありませんでした。

終演後恐る恐る声をかけた時、
賢司は冷静ながらも笑顔で、秀作はこれでもかってくらいにニコニコしながら話を聞いてくれました。
要司は2人の影に隠れ、一切目をあわせないスタイルを貫いていました。

まあ、今とほぼ変わりませんね。

そんな出会いがあり、しばらくして所属が決まり、
自分がそのまま担当につけることになりました。

自分がいいと思い、所属アーティストにさせて、そのまま担当につける。
こんなに光栄なことはありません。

その後は、もう目まぐるしく奔走する日々。
あっという間に4年過ぎておりました。

でも、この4年間の思い出は、ありすぎます。
いろんな事がありましたし、多くの方にも出会いました。

ありがたい事に、ライブに来てくださるお客さんからも
かわいがってもらい、本当に感謝しております。

今後は、陰ながらLarge House Satisfactionを応援していきたいと思っています。

これからもLarge House Satisfactionはスピードを上げて、活動していきます!
2016年もいろいろ考えていますので、大大大注目を引き続きお願いいたします!!!

最後の日が「真冬の灼熱」のツアーファイナルでよかったです!

明日はすごい日になります!!
もし、まだ迷っている方がいたら、是非お越しください!!
お待ちしております!!!!


カテゴリー: STAFF REPORT パーマリンク